希望にあうペット可賃貸の探し方!注意点や確認すべき点も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

希望にあうペット可賃貸の探し方!注意点や確認すべき点も紹介

テーマ:ペット


ペットと暮らしたいけれど、どれも条件が厳しくてペット可賃貸を探すのに苦労している人も多いと思います。


そんなペット可賃貸を探す人向けに、探し方のコツや注意すべきポイントなどをまとめてご紹介します。


ペット可賃貸を探すコツ
条件を緩める

ペット可賃貸は一般的な賃貸物件に比べ、数が少ないのが特徴です。また、初期費用となる敷金や礼金が一般の賃貸に比べ高い場合が多いです。


そのため、効率よく物件を探すには条件を緩めて探したほうがよいでしょう。


駅からは少し離れた物件

駅から少し離れたアクセスの悪い物件の方が、大家さんが物件の空室を埋めるためにペット可や応相談にしている物件が多い傾向にあります。


また、考えようによっては、駅からはなれた物件は電車などによる騒音が少ないため、ペットにかかるストレスの軽減も見込める可能性があります。


築年数の長い物件

新築の物件では、大家さんがペットが住むことで部屋についてしまう匂いや傷を気にしてペット不可にする場合が多くあります。


逆に、築年数の古い物件はそういったペットによる傷や匂いに比較的寛容で、大家さんが相談に乗ってくれるケースが多いです。


また、こういった物件は家賃が安いことも多いので、コストを抑えてペットを飼うことが可能です。


物件を探すエリアの拡大

ペット可賃貸には、もともとペット不可な賃貸物件を、空室を減らすためにペット可賃貸にした物件もあります。


こういった物件の数はエリアごとに異なるため、今見ているエリアに条件に合うペット可賃貸が無ければ探すエリアを広げてみるのもいいかもしれません。


ペット可賃貸の理想の条件に自分で優先順位をつけ、その優先順位を意識しながら条件に合う賃貸を探すことをおすすめします。


不動産の閑散期に訪問する

不動産の閑散期に相談しにいけば、不動産会社は大家さんと通常よりも細やかな交渉をしてくれるかもしれません。


規約ではペット不可でも、ペットのサイズやしつけ度合いなどによっては大家さんと交渉してペットを飼うことができる場合もあります。


不動産会社の閑散期である入居希望者が少ない4~7月10~12月は狙い目だと言われています。


ペット可賃貸に多く扱う不動産に相談する



全体的にペット可賃貸は数として少ないため、希望条件に合う物件をどうしても探したいときはペット可賃貸を多く取り扱う不動産に相談することも検討してみてください。


ペット可賃貸を専門として扱う不動産であれば、希望する条件にあう物件が出てくる可能性があります。


ペット可賃貸で確認すべきこと
初期費用がどれくらいかかるのか

ペット可賃貸は敷金礼金が通常の賃貸に比べて高い場合が多いです。

敷金は退去時にかかるペットの匂いや傷などの修繕費としてその多くが使われ、ほとんど手元に返ってくることはありません。


また、ペットを飼う場合はペット礼金としてペットを飼わない居住者よりも割り増しになってしまうケースもあります。


初期費用だけで家賃の5ヶ月分以上になる物件もあり、どれくらい初期費用がかかるのか契約前に確認しておくとよいでしょう。


ペットが暮らしやすい部屋か
ペットと暮らすにあたり、ペットが暮らしやすい環境が整っているかどうかを確認する必要があります。重視すべきポイントは飼うペットによって異なります。


犬の場合

犬を飼う場合、犬が窮屈を感じない大きなサイズのケージを置く広さが十分に確保でき、お散歩帰りの足洗い場として玄関の近くに広い洗面台があると便利でしょう。


また、和室でなく洋室のほうが、爪によって畳を傷つける心配が無くダニも発生しにくいです。


猫の場合

猫を飼うときは、ほとんど室内で飼うことが予想されるため、猫が運動できる広い部屋である、キャットタワーなどが置けるくらい高い天井であることなど、部屋の広さが重要になります。


また、日当たりがよく、ひなたぼっこできると猫には心地いいかもしれません。


ここでは犬と猫に焦点を置いて紹介しましたが、犬や猫以外のペットを飼う場合でもその動物の特性に合わせた環境選びが必要です。


例えば、は虫類を飼いたいときは風通しがよい部屋を選んだ方がよいでしょう。


物件設備は整っているか
トラブル防止のための設備

住民間のトラブル防止のための設備が整っているか確認する必要があります。大きなトラブルの例として、ペットの足音や鳴き声による騒音トラブルがあります。


ペット可賃貸であっても、必ずしも一般賃貸より防音効果が高い訳ではないです。


内見をしたり建物の建築方式などを調べたりすることで、防音設備が整っているか確認しましょう。


ペットにとっての物件設備

ペットにとっても騒音はストレスに感じてしまうこともあるため、防音設備が整った物件が適している可能性があります。


また、犬などのお散歩をよく必要とするペットの場合は、階数が低い方が散歩に出やすいので1階の方が向いています。


周辺環境は整っているか

ペットがケガや病気になってしまった場合を考え、物件の近くに動物病院があるか確認しておくべきでしょう。


また、犬を飼う場合はお散歩するときに近くに公園やドッグランがあるかなども確認しておきましょう。


ペットの飼育ルールについて

ペット可賃貸では、ペットを飼う際にそれぞれの物件ごとにルールが設けられている場合が多いです。


ルールではその物件で飼うことができるペットの種類、数、大きさなどが決められています。


例として、犬は飼うことはできても猫を飼うことができなかったり、大型犬でなく小型犬であれば飼うことができる物件などがあります。


ペット可賃貸に住む前に、守らなければならないルールを確認し、自分自身が守れるルールであるか確認することが必要です。


ペットと暮らす際の注意点
他の居住者への配慮が必要

ペット可賃貸で暮らすとき、住居者とのトラブルを避けるために他の居住者への配慮が必要です。


特に、一般の賃貸物件から途中でペット可賃貸になった物件では、動物が苦手な居住者もいる可能性もあるため注意して対応しましょう。


ルールを守る

物件ごとに設けられているルールを守ることはとても大切です。

契約前に細かいところまで確認し、口約束でなく書類などの記録を残すことでトラブルを未然に防ぐことができます。


マナーを守る

例えば、共有スペースではなるべくペットをキャリーケースに入れて持ち歩くようにしたり、ペットのトイレによる悪臭で迷惑をかけないように頻繁に掃除をおこなったり、マナーを守ることも大切です。


自分でできるトラブル対策

住民間のトラブルの大きな原因となる騒音に関しても、自分にできる防音対策はやれる範囲でしておきましょう。


ペットに対して無駄吠えをしないようにしつける、ペット用の防音マットを床に敷くことで足音を軽減させる、壁に吸音パネルや家具などを設置することで隣の住民へ音が漏れないように対策することが重要です。


ペット可賃貸の種類
ペット可賃貸には、一般の賃貸物件でペット可または相談可である物件、ペットと暮らすことを前提として作られたペット共生型物件、一戸建てのペット可賃貸物件の主に3種類あります。


一般的なペット可・相談可な物件

一般的なペット可・相談可な物件は、ペットを飼うことを前提として作られた訳ではなく、一般的な賃貸物件として作られました。


アクセスが悪い、築年数が長いといったことを理由に空室が多く、入居希望者を集めてその空室を埋めるためにペット可とした物件が多いです。


ペット可でない賃貸物件に比べれば割高ですが、ペット可賃貸の中で見れば家賃が安く抑えられるというメリットがあります。


ただし、もともとペットを飼うことを想定して作っている訳ではないため、防音設備などが十分出ない場合もあります。


ペット共生型物件

ペット共生型物件は、ペットを飼うことを想定して作られた物件です。上記のペット可賃貸に比べて、共有スペースにリードや足洗い場が設置してある、防音設備が整っている、などのメリットがあります。


また、ペットを飼っていたり飼う予定のある居住者が多いため、住民間のトラブルが起こりにくいです。


主なデメリットとしては、他のペット可賃貸に比べて家賃が高い傾向にあることです。


一戸建てのペット可賃貸

一戸建ての賃貸で、ペット可の物件もあります。一戸建てであるため、マンションやアパートなどに比べペットに関する住民とのトラブルを少なくすることができるというメリットがあります。


主なデメリットとしては、一般的なマンションなどのペット可賃貸に比べて家賃が高いことが挙げられます。


ペット可賃貸が少ない理由

ペット可賃貸が少ない理由として、住民間のペットに関するトラブルが起こる可能性があること、部屋に傷や匂いがついてしまうこと、初期費用が高く入居者を集められなくなるかもしれないこと、などが挙げられます。


ペット可賃貸の需要が増えても、このような理由から物件をペット可しない大家さんが多い傾向にあります。


まとめ

この記事では、ペット可賃貸を探す人向けに、探し方のコツや注意すべきポイントをご紹介しました。


部屋まる。では、東京でペットと住める格安物件も多く扱っております。顧客満足度NO.1を誇る信頼と実績であなたのお部屋探しをしっかりサポート致します。是非、一度ご相談ください。

トップへ戻る