新築の賃貸物件を探すときの注意点・気をつけるべきこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築の賃貸物件を探すときの注意点・気をつけるべきこととは?

テーマ:プレミアコラム


新生活のスタートを気持ちよく切るために、住む場所はとても重要です。新築物件にこだわる方も多いと思います。また、新築物件と中古物件で迷われている方もいるかもしれません。

しかし、新築物件だからといってリスクやデメリットが全くないわけではありません。新築物件は中古物件とは違ったリスクがあり、注意すべきポイントが全く異なります。


住宅は簡単に変えることができないので、物件選びは絶対に失敗したくありませんよね。今回は新築物件を選ぶ上でのリスクや注意するべきことをしっかりと理解し、自分に合った新築物件を探すためのポイントを紹介していきます。


▶︎6万円以下の新築物件特集「部屋まるプレミア」はこちらから


新築の賃貸物件でのメリット

そもそも新築物件とは、”築1年未満で誰も住んだことがない物件”のことです。築1年未満でも入居歴がある物件、入居歴がなくても築1年以上の物件は新築物件とは呼びません(主に築浅と呼ばれる)。


自分がその物件の初めての住民になることができ、築1年未満と新しくて綺麗な物件ということで新築物件には選ぶに足りるメリットが多くあります。


前の住民に左右されない

新築物件では設備や機材全てが新品です。中古物件の場合、前の住民の使い方や使用頻度によって、部屋の綺麗さに大きく差がでる可能性があります。


しかし、新築物件であればそんな心配をする必要もなく、不快感や不安を持つことなく生活が可能なことが魅力でしょう。


周囲のコミュニティが形成されていない

中古のマンションやアパートの場合、近隣住民のコミュニティが出来上がってしまっている場合があります。


長年で出来上がっているコミュニティに後から参加するのは、それなりに気を使うでしょう。新築マンションやアパートであれば、コミュニティはほとんど出来上がっていない可能性が高いです。


コミュニティを作ることができるかは自分次第ですが、出来上がったコミュニティよりは入りやすいと思います。


最新の設備やセキュリティ

物件によって確認する必要がありますが、新築物件は最新の設備やセキュリティを備えている場合が多いです。例えば、ガスコンロではなくIH調理器具や温水洗浄機能付きの便座、オートロック機能など生活する上でとても役に立つ高性能な設備があります。このような最先端の設備を使用できることも新築物件の特権だと言えます(物件によって設備は大きく異なります)。


新築の賃貸物件ならではのリスク・デメリット

ここまで新築物件のメリットを紹介してきて、「新築物件にデメリットはないのでは?」と思われた方もいると思います。しかし、前の住民の影響や設備面といった中古物件のリスク・デメリットとは違ったリスク・デメリットが新築物件にはあります。


シックハウス症候群

「シックハウス症候群」とは建物や調度品などから発生する化学物質、カビ・ダニなどの室内空気汚染等が原因でめまい、頭痛、湿疹などの健康被害が生じることを言います。新築に引っ越しをされた方によく起こり、化学物質過敏症とも呼ばれます。これは新築物件から発される足掻く物質による空気汚染が原因であるので、換気や掃除、日照が主な対策として有効です。


瑕疵トラブル

新築物件にもともと傷や欠陥がある、引っ越しの際にキズができてしまった等の欠陥ができてしまった場合には、気づいた時点で指摘することが重要です。特に新築物件は欠陥がもともとない状態で貸していると思われていることが多いので、部屋を確認する際に欠陥があればしっかりと報告しておくことが重要です。


しっかりと確認し報告をしておかないと、退去時に思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。


内見できない

内見は自分に合った物件を見極めるためにとても重要です。部屋の広さ、日当たり、匂い、音の聞こえ方など内見することでしか感じ取ることができないことが多くあります。しかし、当たり前ですが内見は完成している物件でしか基本的にはできません。


入居者募集をしている新築物件には、建物がすでに完成している物件のほかに、未完成の段階で募集しているものがあります。未完成の場合、外観を確認することはできますが内見することができません。この場合、内見の代わりに図面で確認することになります。図面でも部屋の間取りや広さなどを把握することができますが、実際に体感する際と差が出てしまう可能性があります。


エリアによって物件数が少ないかもしれない

入居者を募集している賃貸物件の中で、新築物件の割合は高いとは言えません。新築物件にこだわって探していると、駅から極端に遠い物件になってしまったり、周辺の設備が十分でないエリアの物件になってしまう可能性があります。


新築物件自体があまり豊富でない地域もあるため、新築物件にこだわりすぎて、ほかの設備や機能が十分でないものを選ばないようにしましょう。


家賃が高い

立地や周辺環境が好条件であればあるほど、家賃相場は高い傾向にあります。さらに新築の賃貸物件は中古の賃貸物件よりも家賃相場が高くなりやすい傾向にあります。収入に対して自分の負担になりすぎない家賃の物件を選びましょう


ちなみ家賃は手取り収入の3分の1程度が妥当であると言われています。それ以上になってしまいそうな方は、それに見合う価値があるかということを慎重に考える必要があります。


新築賃貸で気をつけること
周辺環境や設備を考慮しない

物件を探す際に学校や会社からの近さなどを立地条件にこだわる方が多いようです。しかし、スーパーやコンビニなど日常でよく使う施設が遠かったり、治安が悪い、周辺にうるさい環境があるというのはストレスを感じます


物件選びの際に立地条件はとても重要ですが、周辺環境や設備についても調べることで新生活のギャップを減らすことができます。


立地条件が悪い

逆に周辺環境にこだわりすぎた結果、立地条件に不満を持たれる方もいます。特に、最寄駅までの行きやすさや会社や学校への行きやすさはとても重要です。]


多少妥協できると持っていても毎日通う場所が遠いというのは、ストレスがたまります。実際にルートと時間を確認してみて自分が納得できる立地の物件を選ぶことが必要でしょう。


諸経費が高い

不動産を契約する際に必要な経費は家賃だけではありません。敷金や礼金、仲介手数料、管理費、保険料などが必要です。


また、引っ越し料金や新しく買う家具・家電など引っ越しにも様々な費用がかかってきます。家賃のことだけ考えていて、諸経費が払えないということがないためにも、あらかじめ費用を頭に入れておくようにしましょう。


使うサイトによって出会えない物件がある

新築物件を扱っているサイトは多くあります。しかし、サイトや業者によって扱っている新築物件は異なるものがあります。たまたま見つけたサイトには自分に合った物件がない可能性もあります。


賃貸物件選びで失敗しない方法
できるだけ内見する

現住所から遠かったり、多忙が理由で内見しないという方もいると思います。しかし、写真と実際の部屋では部屋の広さや色合いの感覚が異なります。実際に住み始めたときのギャップをなくすためにも内見することをおすすめします。


また、新築物件が未完成で内見ができない場合もあると思います。不動産会社によっては建物が完成するまで仮契約の状態にしておいて、完成後に本契約することができる場合もあります。内見が可能である場合にはできるだけ内見をするようにして、イメージとのギャップをなくす努力をしましょう。


新築物件にこだわりすぎない

新築物件は魅力なメリットがたくさんありますが、反対に内見できない、物件数が少ないかもしれないというリスクが合ったり、家賃相場が高くついてしまうというデメリットもあります。


新築物件にこだわりがない方で、条件に合った新築物件が見つからなかったり、家賃を安く抑えたいという方には築浅リノベーション物件もおすすめです。


築浅

築年数が浅い物件のことで明確な定義はありません。外観や内装も新築と比べて劣らないものも多くあります。場合によっては新築よりもリーズナブルな価格帯で状態の良い物件を借りることができるのが特徴です。


リノベーション物件

古くなった住宅をリフォームで価値を高めた物件のことです。古くなった水周りの配管や配線も新しく交換するので清潔な状態です。


新築でなくても清潔でリーズナブルな価格の物件を探すことも可能ですので、新築に特別なこだわりがない方は参考にしてみてください。


複数の不動産業者に相談する

サイトや不動産業者によって掲載されている物件は異なります。自分に本当に合った物件を探すには複数の不動産業者に相談し、比較することが重要です。複数の不動産業者に相談することで、適切な家賃の住宅を探すことができるほか、穴場の物件も発見することができるかもしれません。


部屋まるについて

都内に物件を探す上で、立地条件はいいけど家賃を抑えたいという方には「部屋まる。」がおすすめです。「部屋まる。」は都内で6万円以下の物件を探すことができます。23区でJR山の手線まで徒歩圏内の物件なども多く掲載されています。 都内で物件を探している方はぜひ参考にしてみてください。

【都内最大級 東京6万円以下専門店 「部屋まる。」】


まとめ

今回は新築賃貸のメリット・デメリットを中心にお部屋探しの注意点(気をつけるべきこと)を紹介しました。部屋まる。では経験豊富なスタッフが直接お客様に対応し、マンツーマンで素敵なお部屋探しをサポートします。是非、一度ご相談ください。


▶︎6万円以下の新築物件特集「部屋まるプレミア」はこちらから

トップへ戻る